税理士は税金の法律を守ります。

税理士は日本の税金の法律を守ります。税金の法律は毎年変わるので、とても普通の人では対応できません。そのために税理士は個人や会社に変わり、税金の計算をして、税務署に収める仕事をしています。税理士の仕事はとても難しい仕事です。又、とても責任の思い仕事です。
税理士は税金の法律に法って確定申告をしたり、決算報告書を作ります。税務署も税理士が作ったものをそのまま信じます。それほど税理士は信頼が厚い仕事です。税金を誤魔化して収めない人は、刑事責任がかかることがあります。
税金は国民の義務ですからきちんと収めなくてはならないです。貰った税金で国も地方公共団体もより良い世界にしようと、一生懸命です。これからもいろいろな種類の税金が出てくることと思いますが、国を運営していくためには仕方のないことです。これからの日本は高齢化が進んでいきますので、そのために必要な税金です。税理士は国のために税金を間違いなく収める仕事の手助けをしています。

税理士は税金の法律の専門家です

税理士は国家資格者であり税法という法律の専門家で相談や申告と届け出の代理を行っています。現在、商店などの事業主は3月の中旬までに納税をしなければならない期間になっていますので当資格者は業務に忙しい毎日だと思います。
商店の事業主は毎日の商売に追われ、税務の届出の書類を仕上げる時間が無いことから税の専門家に依頼して納税を済ませることが出来ます。その他の業務では親から土地などを譲り受けた場合に相続税を納税しないといけませんが、そのとき税金額が、いくらか不明な人が多いのですが、そんな場合に相談をすることで解決することが出来ます。
親から譲り受けた土地などには固定資産税が地方の役所で掛かりますが、その通知で高額なために困っている人が中にはいます。その固定資産税は納税しなくてはなりませんが、それを、どうにかする税の専門家ではありません。一般人では税金のことが疎い人が多いですので、ニーズに応えて国が税金の専門家を作ったのは確かです。

『税理士』は税の専門家であり、『法律』で守られている。

『税理士』は税金のプロであり、その身分は税理士法という『法律』で守られている。即ち税理士でもないものが、税理士の業務を行ってしまうと、税理士法違反で罰せられる。具体的には他人の求めに応じて、決算書類の作成や相談に応じることです。会社の上司の命令での書類の作成はOKらしいです。この当たりの法律的なところはよくわからないですが、これが税理士法違反でしたら、税理士は幾らいても足りないでしょう。
税理士違反で気をつけなければならないのは、税理士という資格は持っていなくて、税金のことがある程度分かる人です。私も人事労務の経験がありますし、確定申告程度でしたら、簡単に出来ます。その為、同僚から還付申告を好意でやってあげたこともあります。まあ、確定申告なんて簡単なもので、これが税理士法違反なんて、少し驚きますが、実際は違反らしいです。境界線の業務で、他の士業の違反を犯す恐れももあります。例えば、給与計算業務に付随して、入社・退職の書類作成は社労士法違反なのです。

税理士の法律に基づいた任務とは

税理士は、税務に関する専門家として公平な立場にあり、納税の制度に添いながら納税義務者の信頼に答え、税に関する法律に規された納税の適正さを実現することを使命としています。その任務内容は、「税務代理」、「税務書類の作成」、「税務に関する相談」、「会計業務」、「租税に関する訴訟の補佐人」などがあります。
また、税理士は脱税相談に応ずることができません。また、相談者が租税に関して不正な行為がある場合、法律違反となる場合は是正をするよう助言しなければばらないきまりになっています。そして、税理士は納税者の信頼に応えるためにも業務に関して得た個人情報や秘密を厳守しなければいけない義務があります。信用や品位を阻害するような行為も禁じられています。このような業務に関わる情報は帳簿として作成すること、そのほかの使用人などに対しての監督義務もある責任と、信頼が第一の仕事といえます。このような決まりを厳守している、税理士への信頼感はきわめて高いものであると思います。

税理士の仕事の範囲は法律上とても広い

「士」とつく職業には、一般人には、業際がよく分からない職業があります。税理士もその1つでしょう。税理士は税務の専門家ということは分かります。税理士法という法律には、税理士にしかできない独占業務に関して、税務代理、税務書類の作成、そして税務相談の3点が規定されてあります。税務代理とは納税者の代理人となって税務署への申告や申請を行う業務です。また、税務官の立ち入り検査に対して、立ち会って納税者のために説明をすることができます。
一方、税理士は、この独占業務に以外に、会計業務を行うこともできます。ということは公認会計士の仕事の一部ができるということになります。逆に、公認会計士は税務の知識がなくても税理士になれます。税理士は、さらに行政書士になることもでき、社会保険労務士の業務もこなすことができます。このように、「士」という名称をもつ職業には、独占業務に関連していれば、その他の業務の仕事をすることが可能となっているのです。